冊子印刷の業者に依頼して自分だけの本を作ってみませんか

冊子の少数印刷について

ページがめくれている本

冊子というのはいろいろな用途で使われるものであり、書店で売るようなかなり大きな部数を発行するようなこともありますが、少数だけの印刷が欲しいというようなこともあると思います。
ですが、会社によっては発行数によっては印刷しないようなケースもあります。
冊子に関しての印刷部数というのはどれくらいの部数が最低限必要なのでしょうか?
会社にもよりますが、最低限の部数というのは結構少なくても大丈夫なケースがあります。
1冊からの印刷でもいいというようなところもあれば、10冊~100冊くらいからが最低限といった会社もあります。
元々大量部数を前提としている会社ですと、冊子だと1万単位以上ないといけないような会社もありますが、
会社をそこまで選ぶようなことがなければ、基本的にそこまで多くの部数を印刷する依頼をしなくても
印刷をしてくれる会社は多いようです。
ある程度最低部数を決めているような理由としては、品質的なものやコスト面で一定数はないと成り立たないようなことが理由となります。
発行部数によっては品質にも影響が出る部分はありますが、あくまであまりに多くの冊子を印刷してもらっても
余ってしまうようなこともありますので、印刷の際にはどれだけ欲しいのかはあらかじめ計画を立てて決めてから会社を選びましょう。

CHOICE

POSTLIST