冊子印刷の業者に依頼して自分だけの本を作ってみませんか

冊子印刷の業者選びとは

本

冊子印刷についてですが、冊子印刷をしてくれる業者はたくさんありますが、冊子印刷をしてくれるにあたって、やはりスピード感を重視した方が良いです。こちらに関しましては冊子の量や枚数によってはそれぞれの業者によって、スピードが違ってきますので十分に注意したい点でございます。
また、納期も充分に注意したいですが価格についても出来る限り安い業者を選んだ方がいいのです。この冊子につきましての冊子印刷は、枚数や冊子の量が多いほど、料金は安くなってくる可能性はあります。その理由としましては業者はできるだけ多くの枚数や量をやったほうが、その分コストも下げられる可能性が高くなってくるので、料金も安くなってくると言うことになります。
逆にこれが量が少なくなってくるとどうなるかといいますと、段取り替えや入れ替えなどを行わやければならないためその分コストがかかってしまいますので、料金が高くなってしまうと言うことになってくるのです。この冊子印刷を考えている方につきましては、できる限り多くの印刷業者にあたり価格の確認を行い、料金が安いところを選んでいくのがいいのです。またこの印刷に起きましてはインターネットでも確認ができますので、インターネットで探すのもいいです。

業者に冊子印刷を依頼するときの注意点

冊子印刷と言うと昔は街の印刷屋さんに直接持ち込んで作ってもらうしかなく、費用もそれなりにかかりました。しかし、最近ではインターネットから冊子印刷を依頼できる印刷業者さんが増えています。メリットは費用を安く抑えられることと、最短で数日で完成する早さです。家庭用プリンターの高性能化で自宅でも冊子印刷ができないことはありませんが、カラー印刷は時間もかかりインクも大量に消費します。業者に依頼したほうがコストパフォーマンスは良くお勧めです。
これらの業者に頼む場合に注意点がいくつかあります。「思っていたような出来じゃない」と後で後悔しないように「完成見本」を予め見せて貰いましょう。原稿はソフトで作成したものを入稿する必要があります、ソフトを使い慣れていない場合は原稿データの作成に手間取るかもしれません。「塗り足し」(裁ち落とし)と呼ばれる、仕上がりサイズの外側に予め設ける部分(一般的に天地左右にそれぞれ3mmずつ)を忘れずに確保してください。
印刷業者では最初から製本サイズの用紙に印刷するのではなく、原紙と呼ぶ一回り大きな用紙にデータを印刷して、後から不要な部分を断裁し仕上げます。紙面の端まで絵柄や画像が続く場合は、断裁時の誤差で白地(下地の紙の色)
が出てしまいます。これらの注意点さえ頭に入れれば面倒な冊子印刷もネットから手軽に依頼できてとっても便利です。

冊子印刷で失敗しないために

最近では、同人誌やフリーペーパーを作るために冊子印刷の業者を利用する方も増えてきているのではないでしょうか。しかし、冊子印刷の業者というのは数多くあります。その中でどの業者を選べばいいのか見極めるのは中々に難しいことです。
そんなとき、良い冊子印刷の業者を選ぶために注意しておくと良いことがいくつかあります。その一つは実際に印刷したサンプル本を提供してくれるかどうかです。冊子印刷を行うとよくあることなのですが、実際に出来上がってみると使用されている紙の質などからイメージと違ったということがあります。それを防ぐためにもデータではなく実際に印刷したサンプル本の確認が必要なのです。
次に見積もりや費用についてです。見積もりをしてみると安くてその業者を選ぶという方は多いですが、そこには手直しなどの費用が入っておらず蓋を開けてみれば他の業者より費用がかかっていたなんてこともあります。なので、そのあたりのチェックは事前に行っておくのがおすすめです。
他にも冊子印刷の業者を選ぶときの注意点はいくつもあるので、気になる方は業者選びに失敗しないためにもきちんと詳しく調べてから、冊子印刷の業者を選ぶことがおすすめです。

CHOICE

POSTLIST